退職する時に引き止められた時の対処法

退職する際に引き止められることはよくあります。

 

 

ここでしっかりと自分の意見を言えなければ

言いくるめられて退職できないこともあります。

 

 

今回は退職の際の引き止めに対応する方法を話していきます。

 

前回の記事は、僕の友人が会社のストレスから趣味の釣りまでやる気がなくなった話をしました。詳しくは下記に記載しています。

友人は会社のストレスで趣味まで楽しくなくなってしまった、その原因は根本にあった。

 

退職する時に引き止められた時の対処法

 

基本的には退職を申し出ると会社側は引き止めてきます。

ここで明確に退職理由を言わなければ退職できない可能性があります。

 

 

引き止めの理由

 

退職を引き止める理由は、お金と時間がかかるからです。

 

 

1人雇用するのにも結構なお金がかかっているので

退職され新規で採用するのに費用がかかります。

 

 

また新しい社員に教育をしなければならないので、

結果的に時間もお金もかかります。

 

 

以上のことから会社は引き止めにかかってきます。

 

やるべきこと

 

ここはきっぱりと退職したいという

意思を示すことが重要です。

 

 

僕は公務員だったので退職を申し出ると、

「公務員以上の職業はないぞ!」

「絶対辞めたら後悔するぞ!」

と全員から言われました。

 

 

基本的に1つの職場でしか働いたことのない人は

こういう言い方をします。

 

 

転職してきた先輩は、色んなところを見たい気持ちもわかる。

と言ってくれました。

 

 

こんな感じで上司はあの手この手で

退職しないようにしてくる場合があります。

 

 

その時に退職したいのであれば、

しっかりと辞める意思を伝えることです。

 

 

少しでも迷いがあるとそこにつけ込んできます。

 

 

そしてそんな決断なら退職しない方がいいと言って

退職を阻止してきます。

 

 

ですので、もう働く気は無いということを

はっきりと伝えましょう。

 

 

ストレスが原因の場合はよりしんどくなりますし、

転職を考えられている人は退職できなくなり

面倒臭いことになります。

 

 

ですので、そうならないために

きっぱりと退職理由を話しましょう。

 

退職を打ち明ける例

 

上司になんと報告すればいいのか

わからない人のためにいくつか例を挙げます。

 

 

精神的にしんどくて退職する場合

 

精神的にしんどい場合は、

シンプルに最近体調不良が続いており、

特に頭痛がひどくて仕事どころではなくなっています。

「退職してしっかりと療養したい」

みたいな形で申告するといいでしょう。

 

転職が理由の場合

 

転職が理由の場合は、

素直に違い仕事に興味を持ったので

転職したいので退職したいです。

 

 

としっかりいうことで、

次にしたいことがあるで

上司もひき止めようがありません。

 

 

またブラックな頃は高圧的に来られるかもしれません。

しかし、法律的にも14日前までに申告していれば問題ありませんし、

トラブルを避けるために2ヶ月前から

前もって言っておくと

スムーズに話を進めれます。

 

 

2ヶ月以上前から言うと

「どうせ辞めるから」みたいな感じになって

働きにくくなる場合もあるので

2ヶ月前ぐらいが丁度いいです。

 

参考リンク

 

無職になることが怖くて勇気が持てなかった。一歩を踏み出せたのは失業給付だった。

仕事のストレスでイライラしてどうしようもない時の対処法

失業保険がもらえない?貰える条件と未加入でも貰う方法を紹介

当サイトのサービスを紹介

 

給付の目安などの無料でお伝えしています。

ご相談はこちらから。 
友だち追加

以上が、退職する時に引き止められた時の対処法でした。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

コメント

お名前 *

ウェブサイトURL